製品情報
  1. ホーム
  2. 製品情報
  3. 海外製品
  4. SINUS社(ドイツ)サウンドレベルメータ(騒音計)

SINUS社(ドイツ)
サウンドレベルメータ(騒音計)

TANGO・TANGO plus

TANGO・TANGO plus

TANGO:基本計測用サウンドレベルメータ IEC 61672 準拠

TANGO:製品詳細

TANGO:基本計測用サウンドレベルメータ IEC 61672 準拠

TANGO は IEC 61672 Class 1 準拠の小型サウンドレベルメータで、作業現場の計測や環境保護の用途に最適です。優れたソフトウエアにより、110dBまでレンジを切り替える事なく測定でき、高機能にも関わらず使いやすい装置となっています。TANGO を使えば、不慣れなユーザーでも正しく測定を行い、現在のサウンドレベルを測定可能です。

延長ケーブルによりマイクロフォンとプリアンプを分離する事も可能です。
アウトドアで使用するためのキットもご用意しています。コントラストの高いバックライト表示により、陽光下・夜間・離れた距離からでも、読み取り可能です。ボタンも操作しやすく配列され、押した事が確認できます。最新の回路技術により、TANGO は超低消費電力で動作します。2本の単三電池(1.2-1.5V)で120時間動作し、10年間保存可能(リチウム電池の場合)です。

TANGO は Fast (125ms) と Slow(1s) の同時計測や周波数重み付けのAとCを同時に測定することもできます。その瞬時の LAFや LASの他、一定期間内の最大レベル(LAFmax, LASmin, LCpeak)や一定期間内で算出した LAeq, LAtm5, LAtm5-LAeq などの値も測定できます。

設定した全ての測定値の演算は同時に行われ、一つの値だけが個別に表示されます。測定が終わると全ての測定値は自動的に保存されます。USB経由で PC上の Tango-Utilityソフトウエアによりデータとして読み出され、PC上で保存、変換が可能になります。

また、このソフトウエアにより、ユーザーは測定値や保存周期、%表示などの設定を変更して本体に送る事ができます。

TANGO:用途

TANGO は次の用途におけるClass1レベルの全ての要求に応える事ができます。
・交通騒音や工業騒音の測定
・住宅地やレクリエーション活動等の騒音監視
・工事現場での騒音計測
・交通騒音の監視やログ

TANGO:製品特長

●最新技術による高精度と優れた操作性
各測定の前の校正により、測定精度は大幅に改善できます。
また、電源を切った後もこの校正の結果は残ります。TANGO には周波数解析や音響記録の機能はありませんが、IEC 61672 Class 1 の測定が必要な全てのユーザーにとって、適正な価格、簡単な操作、小型軽量という点で理想的な計測装置です。
総合的なメモリ管理方式により、各測定値の保存サイクルを別々に設定する事ができます。

また、不慣れなユーザーが間違った設定を選ばないように、インターフェースにより設定機能をブロック(Easy Operation Mode)できます。

●作業現場の保護用途
作業環境の保護に関してはC周波数重み付けピーク値に加えて、三つの LCPeak の値を超えた時間を測定できます。この特殊な測定により、作業環境がどの様な騒音に晒されているかを、単に一つのピーク値で測定するよりも正確に把握できます。

●環境の保護用途
三つのピークレベルを設定し、それを超えた時間を測定して保存する事ができます。
この LAFN% の機能により、測定時間の何%Aの重み付けで超えていたかが測定できます(測定機能)。この機能は標準ではなく、内部メモリを更に8MB追加する事が必要です。

TANGO:付属ソフトウェア

「 Tango-Utility 」(Windows) ソフトウエア
TANGOサウンドレベルメータは PCとUSBで接続する事ができます。
その場合、電源はUSBから供給されます。USB電源アダプタと「Tango-Utility」ソフトウエアは、セットに含まれています。「Tango-Utility」により PC上でTANGOの設定を行ったり、PCとTANGOとの間でデータ通信ができます。

具体的には、PC上でパ ラメータの設計をしたり、TANGOに蓄積された情報を高速で読み取る事ができます。TANGOの特徴としては、測定値により個別のサンプリングタイムで読み取る事ができる点です。転送や削除をするために、保存された測定値のファイル名とデータサイズが表示されます。USBインターフェースにより、TANGOをPCベースの測定装置として使う事ができます。

「AUDITORTM」 後処理ソフト
TANGO サウンドレベルメータと後処理ソフト「AUDITOR_light」を組合せて、環境評価等の測定、評価、レポートの強力なソリューションがご提供できます。後処理により、ドイツ TA-Lärm 等の定格ノイズレベルの他、世界の規格に準じた演算ができます。

「AUDITOR_light」の主な特徴
・TANGOの測定データやマーカーのインポート
・長期測定のグラフ表示
・データの抽出、マーキング、マスキング
・定格ノイズレベルの演算
・レポートの作成

「AUDITOR」ソフトウエアのフルバージョンでは、TANGO を含むSINUS社の全てのサウンドレベルメータの後処理が可能です。

「AUDITORTM」後処理ソフト

TANGO:その他

TANGO:その他のアクセサリ

品名・仕様 型式
TANGO_SLM Type 1 サウンドレベルメータ Class 1
( キャリングケース、 風防、 8MB メモリ、 Tango-Utility ソフト )
907000.1B
TANGO_SET Type 1 サウンドレベルメータ Class 1
(キャリングケース、 風防、 8MB メモリ、 Tango-Utility ソフト、Cal200 校正装置 )
907201.1
TANGO_SLM Type 2 サウンドレベルメータ Class 2
( キャリングケース、 風防、 8MB メモリ、 Tango-Utility ソフト )
907040.3
マイクロフォン延長ケーブル (3m) 961011.7
三脚とそのケース 800630.0
アウトドアキット (キャリングケース、 3m 延長ケーブル、
アウトドア用ウェザープロテクション、三脚、DC/DC コンバータ、
リチウム電池 14.8V/6.1A、 リチウム電池用充電器)
907300.4
電池なしアウトドアキット (キャリングケース、3m 延長ケーブル、
アウトドア用ウェザープロテクション、 三脚)
907302.0
AUDITOR_light 後処理ソフトウエア 801282.1
%測定機能と 8MB 追加 907010.6


TANGO Plus:基本計測用サウンドレベルメータ

TANGO Plus:製品詳細

TANGO Plus:基本計測用サウンドレベルメータ

TANGOPlus は IEC 61672 Class 1 準拠で 1/1と1/3オクターブ解析機能を持つ小型サウンドレベルメータで、作業現場や環境保護の用途に最適です。

優れたソフトウエアにより、110dBまでレンジを切り替える事なく測定でき、高機能にも関わらず使いやすい装置と なっています。延長ケーブルによりマイクロフォンとプリアンプを分離できます。
アウトドアで使用するためのキットもご用意しています。TFTカラー表示により、陽光下・夜間・離れた距離からでも読取り可能です。ボタンも操作しやすく配列され、押した事が確認できます。

TANGO Plusの液晶画面

最新の回路技術により、TANGOPlus は超低消費電力で動作します。2本の単三電池(1.2-1.5V)で40時間動作し、10年間保存可能(リチウム電池の場合)です。

TANGOPlus は Fast、Slow、Impulse、Peak の時間重み計測や、周波数重み付けのAとCを同時に測定することもできます。その瞬時の値の他、一定期間内の最大レベルと最小レベル、LAeq、 LCeq、LAtm5、LAtm5-LAeq などの値も測定できます。また、リアルタイム 1/1、 1/3 オクターブ解析の機能も備えています。

設定した全ての測定値の演算は同時に行われ、一つの値だけが個別に表示されます。測定が終わると全ての測定値は自動的に保存されます。USB経由で PC上のTango-Utility ソフトウエアによりデータとして読み出され、PC上で保存、変換が可能になります。

また、このソフトウエアによりユーザーは、測定値や保存周期、 %表示 などの設定を変更して本体に送る事ができます。

TANGO Plus:用途

TANGO Plus は次の用途におけるClass1レベルの全ての要求に応える事ができます。
・1/1 あるいは 1/3 オクターブでの周波数解析
・交通騒音や工業騒音の測定
・住宅地やレクリエーション活動等の騒音監視
・工事現場での騒音計測
・交通騒音の監視やログ

TANGO Plus:製品特長

●最新技術による高精度と優れた操作性
各測定前の校正により、測定精度は大幅に改善できます。
また、電源を切った後もこの校正の結果は残ります。TANGOPlusは IEC 61672 総合的なメモリ管理方式により、各測定値の保存サイクルを別々に設定する事ができます。

また、不慣れなユーザーが間違った設定を選ばないように、インター フェースにより設定機能をブロック(Easy Operation Mode)できます。ドイツ PTB(ドイツの法定計量機関)の型式認証に申請済みです。

●1/1、1/3 オクターブ周波数解析
TANGOPlusは IEC 61260 Class 1 の 1/1あるいは 1/3オクターブでの周波数解析機能を備えています。

●作業現場の保護用途
作業環境の保護に関しては、C周波数重み付けピーク値に加えて、三つのLCPeakの値を超えた時間を測定できます。この特殊な測定により、作業環境がどの様な騒音に晒されているかを、単に一つのピーク値で測定するよりも正確に把握する事ができます。

●環境の保護用途
TANGOPlusは三つのピークレベルを設定し、それを超えた時間を測定して保存する事ができます。 このLAFN%の機能により、測定時間の何%がAの重み付けで超えていたかが測定できます。

TANGO Plus:付属ソフトウェア

「Tango-Utility」(Windows) ソフトウエア
TANGOサウンドレベルメータは PCとUSBで接続する事ができます。
その場合、電源はUSBから供給されます。USB電源アダプタと「Tango-Utility」ソフトウエアは、セットに含まれています。「Tango-Utility」によりPC上でTANGOの設定を行ったり、PCとTANGOとの間でデータ通信ができます。

具体的には、PC上でパラメータの設計をしたり、TANGOに蓄積された情報を高速で読み取る事ができます。TANGOの特徴としては、測定値により個別のサンプリングタイムで読み取る事ができる点です。転送や削除をするために、保存された測定値のファイル名とデータサイズが表示されます。USBインターフェースにより、TANGOをPCベースの測定装置として使う事ができます。

「AUDITORTM」後処理ソフト
TANGOサウンドレベルメータと後処理ソフト「AUDITOR_light」を組合せて、環境評価等の測定、評価、レポートの強力なソリューションがご提供できます。後処理により、ドイツ TA-Lärm 等の定格ノイズレベルの他、世界の規格に準じた演算ができます。

「AUDITOR_light」の主な特徴
 ・TANGO Plusの測定データやマーカーのインポート
 ・長期測定のグラフ表示
 ・データの抽出、マーキング、マスキング
 ・定格ノイズレベルの演算
 ・レポートの作成

「AUDITOR」ソフトウエアのフルバージョンでは、TANGO Plusを含むSINUS社の全てのサウンドレベルメータの後処理が可能です。

「AUDITORTM」後処理ソフト

TANGO Plus:その他

TANGO Plus:その他のアクセサリ

品名・仕様 型式
TANGOPLUS サウンドレベルメータ Class 1 オクターブ解析
(キャリングケース、 風防、 32MB メモリ、 Tango-Utility ソフト )
907004.2
TANGOPLUS サウンドレベルメータ Class 2 オクターブ解析
(キャリングケース、 風防、 32MB メモリ、 Tango-Utility ソフト )
907005.0
Cal 200 校正装置 Class 1 (PTB 認証) 800934.4
CR514 校正装置 Class 2 801087.7
マイクロフォン延長ケーブル (3m) 961011.7
三脚とそのケース 800630.0
アウトドアキット (キャリングケース、 3m 延長ケーブル、
アウトドア用ウェザープロテクション、 三脚、 DC/DC コンバータ、
リチウム電池 14.8V/6.1A、 リチウム電池用充電器)
907300.4
電池なしアウトドアキット (キャリングケース、 3m 延長ケーブル、
アウトドア用ウェザープロテクション、 三脚)
907302.0
USB-RS232 FTDI アダプタ 907185.5
AUDITOR_light 後処理ソフトウエア 801282.1

株式会社イージーメジャー
〒812-0888 福岡県福岡市博多区板付2丁目11-16 
TEL.092-558-0314 FAX.092-558-0324

製品一覧はこちら
製品価格表はこちら
お問い合わせはこちら